「異界」を発見する「内藤正敏 異界出現」東京都写真美術館 7月16日まで

東京都写真美術館

「内藤正敏 異界出現」

いってきました!

同時開催中「世界報道写真展2018」をけって、こちらを鑑賞しました。

(時間があれば2展みたかったのですが・・)

 

異色の写真家・内藤正敏の50年を超える軌跡をたどる展覧会。

 

「モノの本質を幻視できる呪具」である写真と、見えない世界を視るための「もう一つのカメラ」である民俗学を手段として、

現世の向こう側に幻のように浮かび上がる「異界」を発見する人、内藤正敏。

(東京都写真美術館ホームページより https://topmuseum.jp/contents/exhibition/index-3052.html

 

カメラのことを「モノの本質を幻視できる呪具」ですって。かっこいかも~

カメラと民俗学と異界!!

なにこの組み合わせ・・

「今」を切り取るカメラで、民俗学を使い、見えない世界を自分なりにあばいてやろうする試みです。

意味がわからない?

写真展をご覧になって、感じ取ってくださいね☆

鑑賞後、霊山へ行きたくなりました。

7月16日まで!

 

内藤正敏 異界出現

2018年5月12日(土)—7月16日(月・祝)

休館日・毎週月曜日(ただし、7月16日(月・祝)は開館)

料金:一般 700円

公式ホームページ https://topmuseum.jp/

 

さいたまの展覧会なら、さいたま市盆栽美術館へどうぞ。

大自然の情景を観る「山水涼景~盛夏の水石展」大宮盆栽美術館

夏らしい~涼やかな展覧会です!

 

☆タウン誌『アコレおおみや』配布場所MAP

http://map.acore-omiya.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です